読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『子宮に沈める』を観た。

 後からネットのレビューをざっと読んでみたら酷評の嵐で、まあ無理もない。これに付き合わされた子役が可哀想になるくらいダメな映画だった。

 この映画にはほとんど何もない。子供が育児放棄された"現場"を描く、というコンセプトを思いついた監督が、その通りにただただ子供たちが衰弱していく過程を安易に撮っただけの映画だからだ。そりゃ映像としてはセンセーショナルだし、可哀想だし観ている方も辛くなってくるが、本当にそれだけの映画である。

 母親が育児放棄に至るまでの過程も描かれてはいるものの、希薄な描写しかされておらず、ほとんど何も語っていないと言っていい。夫に捨てられ、夜の仕事を始め、やがて育児を放棄する、といった以上の描写はなく、事件当時の(『夜の仕事をしているシングルマザーが育児を放棄した』的な)ステレオタイプな理解の範疇をまったく出ていないのは致命的だ。描写を省くことで想像の余地を残したつもりなのだろうが、正直かなり無理がある。もしこれだけで、この母親のバックボーンが想像できるのなら、当時のニュースを観ても同じように想像できるだろう。監督がインタビューで語っているような"母性"について考えるようなナニカを提供できているとは言い難い。

 やや好意的に観れば、色々な母親に当てはまるようにするため、ある程度は希釈された母親像になるのは仕方なかった、とは言えるだろうが、残念ながら根本的に説明不足である。事件の情報収集もネットや本でしか(曰く「敢えて」)していないということだが、"社会派"を標榜している以上は単なる怠慢だという誹りを免れないだろう。

 また、終始淡々としたタッチで撮っているわりには監督の作為というか、自意識のようなものが時折り混ざるのも不快感を煽る。たとえば弟が目覚めなくなってしまい、砂嵐のテレビをつけたままハッピー・バースデー・トゥー・ユーを歌うシーンなどは本当に酷い。なぜわざわざあんなわざとらしい演出をする必要があったのか? 客観的に映したいと言いながら、あのような「どうよこれ、おぞましいだろう」と言いたげな映像を差し挟むのは監督のマスターベーションでしかない。ラストもまったく同様である。これはドキュメンタリーではなく、あくまでフィクションであるが、実話ベースを謳いながら様々な要素を拝借することでリアリティを確保してしまっている以上、そんな言い訳は逃口上にしかならないだろう。

 実話を題材に採るならもっとちゃんと撮れよと言いたくなる。そういう責任感が全く感じられない映画。

Polarity by Pablo Amira

   ギミックデックを使うわりに現象が地味な印象があって、買ったきりずいぶん長いこと放置してたけど、なんとなく使ってみたら結構いい。ギミックが全てを行ってくれ、ほぼマジシャンは何もしなくていいので、いろんな演出が考えられる(というか、それが全てだと言っていい)し、肝心な部分は観客が操作しているのでかなり不思議な現象が起こる。たまたまオカルト的なものを信じている方に演じたときには、かなり衝撃を受けていたみたいだった。実際、よく考えてみればたしかに強烈な現象かもしれない。こういうものは使ってみるまでわからないということがよくあるよなあ。

 テーブルホッピングをレギュラーデックひとつでバリバリ回りたいという向きにはあまり必要ないだろうが、メンタル・ルーティンにひとつだけ混ぜるカードマジックとしては便利。潜在意識・無意識などのワードから繋げやすいトリックなので、催眠術と絡めてプレゼンすることも難しくないだろう。

    使えなくなったらまた買うかと聞かれてもその気はあまりない(だってDVDダブるの嫌なんだもん)が、値段が安いのでまあ買ってもいいかなという気はしている。デックそのものはそこそこ使い倒せるし、試しに買ってみても損はないと思う。好き嫌いのあるギミックだろうけど、かなり賢い仕組みで感心する。

Everlast by Rafael D'Angelo and Mazentic

 指輪タイプのポケット・ライティング。この手のギミックはロードと処理のしやすさでおおむね良し悪しが決まると思うけれど、そういう意味ではこれは満点だと言える。カードを扱うときは位置的に邪魔だが、ロードも処理も全く必要ないのはストレスレス。個人的にかなり気に入っている。予備でいくつか買おうかと迷ってるくらい。

 紙との相性によってはほとんど書けなかったり薄かったりする場合もあるようだが、僕の愛用している100均のメモ帳ではほぼ問題なく使えている。少し強めに押しつける必要があるし書き心地もスタンダードなポケット・ライティングに比べると良くはないが、この手のギミックでいちばん面倒なロードと処理が不要というメリットとは比べ物にならない。あまりに使い勝手がいいのでこれ以外のギミックを使うのがしんどくなりそうなくらい。

 サロン規模では筆跡が薄すぎてほぼ使いものにならないが、クロースアップで使うポケット・ライティングとしてはきわめて優秀。オススメできる。本当はあまり知られないで欲しいくらい。

    芯についてはどれくらい耐久性があるのかわからないが、かなり持ちそうではある。

Marksman Deck by Luke Jermay

 本人のTwitterで告知をしていたのもあってこれは以前から気になっていた。購入しなくても40分くらいの演技のフル・トレーラーが観られる。太っ腹。

 で、せっかくなので演出の参考になるかなと思ってトレーラーを観ていたら、面白かったのがカードマジックの途中で突然いわゆる"指の接近"(マグネット・フィンガー)を始めたこと。

 カードを使ったメンタリズムってなんとなくカード当て、枚数当て、色当てといった「結局カードに仕掛けがあるんでしょ?」とか「テクニックでなんとかしているんでしょ?」で片づけられてしまいそうなものが多くて、なんとなく敬遠しているんだけど、これならそうした割り切りだけでは解釈できない現象が立ち現れるので、観客の焦点を分散できるだろうし、かなり不思議な現象に感じるだろう。当て物の退屈さも解消できそう。

 あー、なるほどねえ、という感じ。たしかにこういう使い方も全然ありだよねえ。場合によってはカタレプシーくらいまで見せてもいいわけだし、あんまやらんけど、カード以外でこういうことやってもいいんだよなあ。ペンデュラムが流行ってるのもそうだけど、まだこの辺りにいろいろと使えそうな種が眠っていそうな感じはあるよね。

 ただまあ、その辺で止めておかないとマジックから催眠術というレールに乗り換えるハメになってしまうので、それはそれでどうなの、という感じにはなるんだろうけど。僕はメンタリズムと催眠術は隣接領域にあると考えているけど、観客はマジックと催眠術は別のパフォーマンスとして受容すると思うし(マジックの途中でなんの予告もなく催眠術に切り替えて深化法とか感情支配暗示を始めたら大半の観客は退屈して「これマジックなの?」という疑問がふつふつと沸き上がるだろうというプラグマティックな判断)。

 肝心のデックだが、ルーク・ジャーメイ版のデランド・デックというマイケル・ウェバーの触れ込みだけあって、ここまでの多機能なマークドは寡聞にして知らない。アンディ・ナイマンの『ザ・コード』も初めて手にしたときには感心したものだが、あれよりもさらに多くのマークドを搭載しており、現象の不可能性も高い。

 機能がどれもルーク・ジャーメイぽい個性が発揮されまくっていて(イメージ的にはジャーメイズ・マインドの『ゼン・アプレンティス』ぽい)、どれもあまりにも不可能性が高い現象なので、そのまま演じるだけでなく、ある程度の説得力を感じさせられないと、それこそ「カードに仕掛けがあるんでしょ」で終わってしまう可能性はある。そして、その推測は正しい。しかし、そうした疑念さえ抱かせなければ、もはや超能力のようにしか見えないだろう。そういう意味でオールドスクールなカードマジックではなく(あえてこれで演じてみるのも楽しいかもしれないが)、メンタルショーの合間で、カードを用いたメンタリズムとして使うものだなと思う。

 リフィル販売してくれんかなあ。これ。一個じゃ足らんよ。

 他にも『Premise and Premonition』もリリースされている。これも「こりゃジャーメイズ・マインド"2"だぜ」みたいなレビューがあって気になっている。こっちも「Touching on Hypnosis」(これが催眠を使わない催眠アクト?)とか、気になる内容が目白押し。

 最悪、英語でもいいんだけど、できれば日本語字幕で観たいなあ(遠い目)。

テーブルホッピングしてきた。

 今日はテーブルホッピング。どれくらい回ったかはよく覚えてない。連日のサロンはわりと好き勝手メンタルをやってたけれど、ホッピングはあんまりやること思いつかないし、昼間のレストランだし、子供も多いし、あんまりドロドロしたマジックばかりやるのもな、と思いなんのヒネリもないトリックばかりやっていた。フォーク曲げ、トライアンフ、シカゴオープナー、フレンチキス、カード・トゥ・ワレット。まあこっちの方が何も考えなくていいから楽ではあるよね。チップも頂いた。メンタル尽くしではああいう反応にはそうそうならんだろうなあ。

 こういうときにどこかメンタルの名残を残したいというエゴがむくむくと沸き上がってくるのがマニアの悪い癖で、でもそういうルーティンが考えられたらなあとは思っている。

 客ウケとメンタルの折衷案で行くとやっぱりメタルベンディングって便利で外せないんだよねえ。適当にやっていてもウケるし、そのままメンタルに繋げてもいいし、より深度を求めていいなら催眠術までいけるし。子供にもウケるんだよなあ。お土産渡せるし。

またまたサロンマジックをした。

 またまたサロンマジック。連日連夜楽しすぎる。こんなにサロンマジックする機会に恵まれることなんてアマチュアじゃそうそうないからねえ。

 今日はちょっとだけ趣向を変えてルーク・ジャーメイの『ゼナー』を演じてみた。原案は三段階だが、これを素人が三回もやるのはちょっと冗長かなあという感じがあるので二段階で演じてみた。

 一回目はかなり素直な人で、ぐるんぐるん回って観客から悲鳴が上がっていた。子供がちょっといたので申し訳ないけど、と前置きしつつ演じていたらその他の大人の方々が予想以上に驚いてくれて、個人的には大成功だった。

 二回目はあまりペンデュラムが動かなかった。これは単純に客選びを間違えてしまったというのが大きかったと思う。サロンくらいの規模になるといろいろ必死で判断力が落ちてしまい、こういうミスが増えてしまうのだよなあ。でもまあこれは仕方ないことでもある。待っていれば動いたと思うけど、時間の関係上やむを得ない部分もあったし。

 それからまたちょっと趣向を変えてマックス・メイビンのB'Waveを演じてみた。シンプルながら僕はわりと好きなトリックで、最近は持ち歩いているだけであまり演じてなかったのだけれど、なんとなく気まぐれにやってみたら悲鳴が上がっていた。マジシャンの間ではクラシックだと思うけど、知らない観客から見ればやっぱり気色悪い現象なんだなあということを再確認。もっと使っていこう。

 ブレインウェーブデックも実はレパートリーには入れていなかったのだけれど、他所でインビジブルデックを演じているマジシャンを見て「やっぱ不思議だなあ」と思いゴソゴソとオモチャ箱から出してきた。プレゼン次第なんだよねえ、やっぱり。インビジブルじゃないのは個人的な趣味というか、ブレインウェーブの方がクラシックなメンタルのイメージがあって好きなんだよね。こっちの方が使用者が少なそうじゃない?

またサロンマジックをしてきた。

 またサロンマジックをしてきた。2部構成、10人-15人くらいの規模で、照明も薄暗くてなかなか雰囲気があってよかった。思ったよりも緊張していて1部でのショーはほとんど失敗に近いものになってしまった。スワミギミックを書き損じたり、ブレインウェーブデックのつもりがレギュラーデックを用意してしまったり(しかも「予言します」と明言してしまっていた。しれっとトライアンフしてなんとか現象が成立したから良かったけど)とかなり散々だった。超ケアレスミスの反省点。慣れが出てくるとこういうことやってしまうんだよねえ。

 当初メタルベンディングはやらないつもりで(あまりにも簡単にウケすぎるので。他の演技の練習をしたい)、スワミギミックとセンターテアを練習しようと息巻いていたのだが、完全に萎縮してしまって止むなくスプーンを取り出すことに。結局ブレインウェーブデック、メタルベンディング、トスアウトデック、リビング&デッドテスト*1を演じた。

 2部はかなり反応がよく、どれも不思議がってくれていたようでよかった。というか逆にこんだけガチの鉄板ネタで反応がなかったら僕はもうメンタル向いていないだろう。

 とりわけコネクテドはとてもよかった。お孫さんの名前を当てたのだが、生まれてすぐの子だったようで「とても大切な繋がりを感じますね」という演出は嬉しかったのかもしれない。すごくニコニコしてお礼の言葉を頂いた。

 やっぱりメンタルってクロースアップからこれくらいの規模がいちばんやりやすいなあと思う。あと10人増えたらもうポーカーサイズのカードとか、小さなメモ帳とかスプーンは視認するのが難しくなるし。

 反省点もかなり多いが、よい部分もあったのでまあまあかな。

*1:もちろん、ルーク・ジャーメイの『エクステンデッド・トスアウトデック』と『コネクテド』。無論あのレベルの演技にはほど遠いが。