ESPionage by Charlie Frye

普段ESPカードを使ったマジックってほとんどやらなくて、ルーク・ジャーメイの『ゼナー』くらいしかやっていなかったんですが、なんとなくもったいないなと思って買ってみました。 結論から言えば簡単かつ非常に実用性の高い素晴らしいトリックで、鉄板ネタ…

NightCrawler by CF Yuen

もうずっと前に買ったトリック。DVDの中で流れている曲がとにかく格好よくて気になっていたのだが、最近になって「Shazam使えばいいのでは?」という結論に思い至り調べてみた次第。 どちらもDeaf Kevというアーティストの楽曲らしい。アーティストのバイオ…

ブライアン・イングリス『トランス 心の神秘を探る』

ブライアン・イングリスの『トランス 心の神秘を探る』という本を読んでいたら、こんな記述があった。 ベルトはまた、自分が人を転倒させる場面をジボットーに見せている。道路を歩いている人の後を、その人の歩き方を真似ながらついて行き、ベルトの表現で…

十文字幻斎『閃光の催眠術入門』

先日もBirdie氏の『世の中で悪用されている心理テクニック』が出たばかりで、今度はいまや時の人となった十文字幻斎氏の『閃光の催眠術入門』が出版されました。 はて、もしかして知らないところで催眠術ブームでも来てるんでしょうか。催眠術のことばかり考…

Cataclysm by Brian Caswell

ホッピング用の即戦力的なトリックが欲しくてなんとなく買ってみた。ずいぶん前のトリックだし外れはしないだろうと思って。 個人的にはイマイチだなと思った。「んーこれもしかして?」と思っていたトリックそのままだったし。現象としてはかなり不思議だか…

映画『クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』

ひとりで観ていてボロボロ泣いてしまった。涙なしには観られない映画だった。正直、退屈な場面も多かったが、そうした欠点がどうでもよくなるくらい、これはとてもよくできた映画だと思う。 冒頭で野原ひろしがマッサージ店で目覚め、帰宅する。このシーンは…

Birdie『世の中で悪用されている心理テクニック』②

Birdie氏の著書を読んで考えたことを書いてみる。 ダレン・ブラウンが冒頭で語っている通り、自分の催眠術が本当に掛かっているのかどうかということは基本的にわからない。それはBiridie氏も著書のなかで語っている通りだ。それは感情・感覚支配より深いト…

フォーク曲げMAGIC DVD by S&C

S&C Magicという会社はどうやら東急ハンズなんかで取り扱っているブランドらしいが、そのわりには何故か妙にマニアックな内容になっている。いくつかのポピュラーな技法も収録されているが、このDVDでしか観たことのない技法がいくつか収録されている(まあ…

Birdie『世の中で悪用されている心理テクニック』①

私淑するBiride氏が本を出したと知りすぐさま買いに。 初めてこのタイトルを目にしたとき、率直にこう思いました。ついにBirdie氏も、胡散臭いビジネス心理学の本を出すようになってしまったのかと。出版社もビジネス書とか自己啓発書で有名なフォレスト出版…

Chris Ramsay

Chris Ramsayのストリートマジック、新しいのがYouTubeにアップロードされてた。彼のチャンネル観てるけどまったく気がつかなかった。ストリートマジック動画がとても面白い。ストリート的なマジックを主にやっているんだけど、メンタルマジックをときどきや…

フォーク曲げについての問いかけ

フォーク曲げてたらお客さんに「手で触らないで曲げられるってことは、手で触らずに曲げて元に戻せるんですか?」と尋ねられて答えに窮した。言われてみれば確かにそうだよね。結局いつも通りフッてやって戻したけど。X-MENかよ。 まあ全体的に少し挑戦的な…

生きる

生きているということ今生きているということそれはのどがかわくということ木もれ陽がまぶしいということふっと或るメロディを思い出すということくしゃみをすることあなたと手をつなぐこと 生きているということいま生きているということそれはミニスカート…

ウィル・ツァイの例の動画

以前SansMindsの『Change』というパケット・トリックを買ったらWill Tsaiの作品だったみたいだけど、なんかもっと老けてたよ。前髪があるとなんか若く見えるもんだねえ。あと『シリアル・コネクション』も以前買ったことがある。こっちはまあ、あんまり好き…

Epic Writer by Magic World

ボールペンタイプのポケット・ライティング。書き心地も非常によく、使いやすくて気に入っているのだけれど(当たり前だが)インクを使っているので、その辺りも確認しつつ使わないと乾いたりして書き損じが起こる可能性があるのがネック。 鉛筆よりはかなり…

映画『子宮に沈める』

後からネットのレビューをざっと読んでみたら酷評の嵐で、まあ無理もない。これに付き合わされた子役が可哀想になるくらいダメな映画だった。 この映画にはほとんど何もない。子供が育児放棄された"現場"を描く、というコンセプトを思いついた監督が、その通…

Polarity by Pablo Amira

ギミックデックを使うわりに現象が地味な印象があって、買ったきりずいぶん長いこと放置してたけど、なんとなく使ってみたら結構いい。ギミックが全てを行ってくれ、ほぼマジシャンは何もしなくていいので、いろんな演出が考えられる(というか、それが全て…

Everlast by Rafael D'Angelo and Mazentic

指輪タイプのポケット・ライティング。この手のギミックはロードと処理のしやすさでおおむね良し悪しが決まると思うけれど、そういう意味ではこれは満点だと言える。カードを扱うときは位置的に邪魔だが、ロードも処理も全く必要ないのはストレスレス。個人…

Marksman Deck by Luke Jermay

本人のTwitterで告知をしていたのもあってこれは以前から気になっていた。購入しなくても40分くらいの演技のフル・トレーラーが観られる。太っ腹。 で、せっかくなので演出の参考になるかなと思ってトレーラーを観ていたら、面白かったのがカードマジックの…

テーブルホッピングしてきた。

今日はテーブルホッピング。どれくらい回ったかはよく覚えてない。連日のサロンはわりと好き勝手メンタルをやってたけれど、ホッピングはあんまりやること思いつかないし、昼間のレストランだし、子供も多いし、あんまりドロドロしたマジックばかりやるのも…

またまたサロンマジックをした。

またまたサロンマジック。連日連夜楽しすぎる。こんなにサロンマジックする機会に恵まれることなんてアマチュアじゃそうそうないからねえ。 今日はちょっとだけ趣向を変えてルーク・ジャーメイの『ゼナー』を演じてみた。原案は三段階だが、これを素人が三回…

またサロンマジックをしてきた。

またサロンマジックをしてきた。2部構成、10人-15人くらいの規模で、照明も薄暗くてなかなか雰囲気があってよかった。思ったよりも緊張していて1部でのショーはほとんど失敗に近いものになってしまった。スワミギミックを書き損じたり、ブレインウェーブデッ…

Magic Cafe BIRDIEに行ってきた。

私淑するBirdie氏の『Magic Cafe BIRDIE』に行ってきた。特にスケジュールも確認せずに行ったのでBirdie氏に会えないかもしれないなーと思っていたが、結局ほかのお客さんがいなかったのもあり2時間近くも独占状態であった。マジで素晴らしすぎる。 「DVD買…

サロンマジックのルーティン

最近はルーク・ジャーメイの『ジャーメイズ・マインド』に収録されているトリックをサロンマジックで使わせてもらっている。 『エクステンデッド・トスアウト・デック』はなんだかんだで製作するのに半日かかったが、労力以上に使い勝手がいい。何回か演じて…

映画『スクリーム』

このシリーズ観たことなかったんだよね、実は。そこかしこで「ホラー好きです」と言ってるのにこのシリーズ観てないのはどうなのとも思っていて、今回レンタルしてきて通しで観てみた。 率直にかなり面白い。最近は別の作業をしながら流しで映画を観ることも…

アンビシャスカードについて。

アンビシャスカードが素晴らしい古典カードマジックであることには異論の余地がない。ただ個人的に好きかどうかと聞かれると、あまり好きではないというのが本当のところ。 アンビシャスカードは「もう一回やって!」というリクエストに応えやすいのもあって…

Triad Coins by Joshua Jay

Joshua JayのTriad Coinsを買った。 前に本人のレクチャーに行ったときに欲しいなと思いつつ見送ったのだが、なんとなく最近になってまた欲しくなりけっきょく買ってしまった。 普段ほとんどコインマジックをしない(ウィッチハンドとか、ベンディングくらい…

映画『永遠のヨギー ヨガをめぐる奇跡の旅』

この映画の情報はずいぶん前にネットで知っていて「日本でもやるのかしら?」と思いつつ放置していたら、TSUTAYAのドキュメンタリーのコーナーに新作で置いてあったので借りてきた。 ビリーバー向けの宗教映画、というのが率直な印象。もうちょっと一般向け…

森達也『オカルト』

たまたま時間があって図書館に行ったら森達也の『オカルト』という本が置いてあり、借りてきて読んだ。出版当時まさに旬だったDaiGoのことなんかも出てきたりして(宣伝?)、読み物としてはなかなか面白い本だった。 こうした本で超能力について取り上げると…

映画『ファウンド』

久しぶりに映画を観たので感想を。 「僕の兄は、クローゼットにXXを隠してる。」 キャッチコピー、上手だよね。予告編の段階で既にだいぶハードなスプラッター描写はあるけど、終始流れてる美しげなアンビエント・ミュージックとか、風景の淡い光のタッチと…

<共有できない部分>について

「結婚って、やっぱり妥協なのかな」と彼女はいった。 それは"愛し合うふたりならなにもかもがわかりあえる"という幻想が前提になっている、減点法の言葉ではないかと思う。そもそもパートナーでなくともありとあらゆる他者は、互いに孤立した存在からすれ違…

感情を言葉にするということ

「嬉しい」と言葉にするとその他の感情は切り離されて、じぶんの深いところに押しこめられ「私は嬉しいのだ」と感じるようになる。 実際には「嬉しい」や「切ない」や「悲しい」といういくつもの感情が絵の具のように入り混じっていて、そのなかのどれかひと…

いまここを感じるということ

恋人らしき男の子が缶コーヒーを手渡し、女の子が「わー、温かいね」と笑うのを見ていた。 だれかが「温かい」と笑うとき、僕たちはその温かさについて想像してみたりすることができる。冬の冷えきった手のひらに、熱い缶コーヒーが触れたときの温度を感じて…

勉強しないでタロット占いを行う方法について

僕は不真面目なのでタロットについて勉強するのが面倒くさくて未だに大アルカナも小アルカナもぼんやりとした意味くらいしか知らないのだけれど、なんとなく趣味でタロット占いをしているのでその方法について書いておこうと思う。あまり参考にならないと思…

無題

「彼氏がぜんぜん相手してくれないの」と彼女は言う。「私、私のこと好きって言ってくれるひとが好きなんだよね」 「もし目の前にそんなひとが現れたとして、たぶんそのひとを好きにはならないでしょ。違う?」 「そう、そうなの。よくわかるね、なんでわか…

緊張について

緊張の背後には相手に対する関心がある。 「緊張しないんですね」とか「慣れてますね」とよく言われる。そういうときはたいてい僕が相手に関心を持てないでいるか、相手の姿を捉えられていないときだ。空疎なコミュニケーションだなと感じたとき、僕は緊張感…

死にたいということ

僕もそれなりに、なんども死にたいと願ったことがある。このまま眠って目が覚めなければいいと祈ったり、うすぼんやりとした意識でプラットフォームに立ち、このまま電車に飛び込めるかなあ、でも無理だなあ、と思ったり、賃貸で首吊ったらきっといろんなひ…

悪意に遭遇したときに僕がしていること

あまりにアイデンティティを揺るがされるような言辞や行動に遭遇してしまったとき、そうして沸き起こった嫌な思考が頭から離れない、ということはしょっちゅうある。 そういうときにはたいてい「話す」か「書く」ようにしているのだけれど、どちらかといえば…

傷ついたときの対処法について

ある会話のなかで発された言葉や行動で傷つくようなことがあったとき、その言葉が吐き出された動機が一つでないことや、また必ずしもその動機が内部で完結しているわけではなく外部の別の要因にあるのかもしれないということ、またその言葉であなたの人格そ…

第三者としてじぶんの声を聴くということ

いぜん読んだいくつかの本のなかで、自分の会話を録音してみると様々なことが見えてくる、というようなことが書いてあって、実際に試してみたことがある。 さすがに知人との会話を録音するのは気が引けるので(自己反省という意味ではその方が効果が高いのだ…

無題

Waiting for the winter Hoping for the rain I never wanna see you Ever again The Popguns "Waiting for the Winter" こういうものを書こうというイメージはあったのだけれど、書き留めておかなかったので忘れてしまった。 ほんとうに寒くなってきてあん…

話題をつくるということ、または自然な会話について

あらかじめ用意した話題で会話を組み立てるひとがいる。僕も定型文としていくつかバリエーションを持っていて、かつてはそのように会話のための準備をしていたこともあった。 話題を意識して会話をするということは、会社のような社交的であったり儀礼的な場…

バニラ・スカイ、あるいは過去を見つめるということ

ラストシークエンスで、デヴィッドはこれまで見ていたものが、冷凍保存サービスのオプション契約による夢だということを思い出す。 たいていのひとは失恋を経験する。元カレあるいは元カノとして関係性を維持することもあるけれど、変にこじらせてしまえばそ…

だれかの体験について想像してみるということ

僕は折に触れ「最近なにか楽しいことあった?」と聞く。文面にすると素直すぎてなにか恥ずかしい質問のようにも見えてしまうかもしれないが、口頭で実際に尋ねてみればさほど違和感がないことがわかる。たいてい、あんまり思いつかないんだけど、と楽しむこ…

ブッダ・マウンテン

孤独は永遠じゃない 共にあることが永遠 "ブッダ・マウンテン〜希望と祈りの旅" 煙草を吸いにわざわざダッフルコートを羽織って外に出る。雪が降り出して、アスファルトに薄く積もっていた。あんまり寒いので半分も吸わないうちに火を消してそそくさと戻る。…