無題

「彼氏がぜんぜん相手してくれないの」と彼女は言う。「私、私のこと好きって言ってくれるひとが好きなんだよね」

「もし目の前にそんなひとが現れたとして、たぶんそのひとを好きにはならないでしょ。違う?」

「そう、そうなの。よくわかるね、なんでわかるの?」

 君が本当に根っこの部分で自分のことを好きになれていないからだよ。

 僕はそう言わなかった。言ったところで彼女は理解できないだろうし、きっと否定するだろうと思った。

「よく聞く話だからね」と僕はお茶を濁す。