勉強しないでタロット占いを行う方法について

 

  僕は不真面目なのでタロットについて勉強するのが面倒くさくて未だに大アルカナも小アルカナもぼんやりとした意味くらいしか知らないのだけれど、なんとなく趣味でタロット占いをしているのでその方法について書いておこうと思う。あまり参考にならないと思う。
 
 結論からいってしまえば、タロットそのものがあんまり必要ないと考えている。タロットが必要なのはあくまである種の説得力をなんとなく持たせるためで、それよりも、いかに相手の情報を集めながら、相手の内面に触れていくことができるかということのほうが重要ではないかと思う。
 
  もちろん、タロットを使う以上は描かれた図柄をもとにリーディングをしていくのだけれど、必ずしもその図柄に縛られる必要はないと考えている。どのタロットだろうと冷静に考えてみればわかることだけれど、そこにはただたんに抽象的に意味づけられた図柄があるだけで、相手の人生についての重要な啓示などが描かれているわけではない。
 
 たとえば「ペンタクルのエースが現在の位置に出てるね、これが出てくるとは思わなかったな、きみはもしかして霊感があったりする?」などと聞いてみる。相手は「そうなの、私むかしから霊感があるっていわれているほうで」と答えるかもしれないし「いや、あんまりいわれたことないかな」と答えるかもしれない。
 
 ペンタクルのエースに霊感を示すような意味や象徴はいっさいない。悪くいえばたんなるこじつけに過ぎないのだけれど、相手はおそらくそのことについて知る由もないだろう。僕はただこの相手がタロットの占いに対して、どのように感じやすいひとなのか、つまり非暗示性が高いひとなのか、そうでないのか、ということを漠然と探っているに過ぎない。 だけれど、前者のような相手は「なんとなく当たっている」と感じたりするかもしれないし、「やっぱり私には霊感があるのかもしれない」とか喜んだりするかもしれない。あるいは後者のようなひとに対しては「そうなんだ、もしかしたらきみはまだ気がついていないだけで霊感があるのかもしれないよ」とか「そうなんだ、じゃあ別のことを意味しているのかもしれないね」とか答えて適当に流して話を展開していくこともできたりする。
 
  複雑なスプレッドも別に覚える必要はないと思う。そうしたスプレッドはリーディングの際、開示されたタロットの枚数を増やしたり、その位置関係を意味づけることで、タロットそれぞれの意味を結合させることができるようになるので、意味を読みとったり解釈を作ったりしやすくなるというメリットがある。タロット本来の象徴性や解釈を尊重する向きにはよいかと思うけれど、そのために文献を読みあさるのは膨大な時間と費用がかかるし、さきほど述べたように僕はタロットの意味や象徴などはあくまでどうでもいいと思っているので、だいたいスリーカードか、ごくまれにヘキサグラムでやるくらいになっている。ここではスリーカードについて書いてみようと思う。
 
 スプレッドよりも、いかにして相手の情報を集めながら関係性を深めることで同調を高め、 内面にアクセスしていくかの方が重要だと思う。タロットはあくまで相手をリーディングするための補助輪のようなものだと考えている。
 
◇具体的な手順について
 タロットは好きな種類のものを使うとよいと思う。僕は無難にウェイト版を使っている。大アルカナも小アルカナも使っているけれど、自信がなければ大アルカナのみでも構わない。
 
  基本的にふたりきりのときに、落ち着いた状況でないと刺さらない。じぶんの自室か、相手の自室などのプライベートな場面で行うとよいと思う。カフェなどの静かな場所でも構わないけれど、パブリックな場所になればなるほど内面や感情を隠してしまいやすくなる。
 
 とりあえずカードはじぶんで切ってから、せっかくなので相手にも切ってもらうとよいと思う。まずなにについて悩んでいるのか、またその状況について具体的に聴いてみる。「今後の人生について」とか「恋愛全般について」とかフレームの大きい占いをすると漠然とした一般論になりがちで、雑誌に書いてある星占いみたいなものになってしまう。そういう占いはあまり刺さらない。
 
 そうした大きなフレームからだんだん内面にフォーカスしていくこともできないことはないけれど、僕は技術がないのでしない。「彼氏があまり相手をしてくれない、彼がどう思っているのか知りたい」とか「結婚できるかわからない、素敵な相手が現れるにはどうすればよいか」とか、なんでも構わないので、具体的に聴いてしまうとよいと思う。
 
  これらの悩みそのものを当てようとしないほうがよいと思う。事前になんらかの情報がある、いわゆるホットリーディングが可能な状態で予言的に当てるぶんには構わないけれど、丸腰でやってもなかなか当たらない。わりと技術がいることだと思う。
 
 なので、とりあえずのところは、端から聴いてしまうのがよいと思う。相手の外的な事実関係について明らかにしつつ、ただそれを聴くようにする。その問題についての相手の姿勢や行動が適切かどうかなどについての判断や共感を示すことも、なんらかのアドバイスを与えることもなく、ただありのままに聴くようにする。外的な事実関係よりも相手の内面にフォーカスしていくことで、相手が抱えているさまざまな問題を感じとり、折に触れそのときにどう感じたかを尋ねるようにするとよいと思う。
 
◇開示の順番
  僕は過去、現在、未来の順番で開示しているけれど、開示の仕方は好きにしてもらえばよいと思う。たいして意味はないと考えている。これにはインパクトを与えたいものを最後に開示するとかいろいろと考え方があるわけだけれど、はっきりいってなんでもいいと思う。なんなら最初からぜんぶ開示しても構わない。
 
◇現在
 ひとは現状に対してだいたい不満を抱いている。大切なことはその不満がどんなものであるか、ということだと思う。外的な事実関係については最初に聴いてしまっているので、ここはあまり解釈の余地がないと思う。
 
「たしかにそういうふうに出ているね、このソードの9というのは彼氏があなたを傷つけているという状況そのものを表しているよね、またそれとは別にきみが彼氏だけでなく周囲のひとたちからひどい言葉を投げかけられたり、つらい仕打ちをされて傷つけられてしまっているのかもしれない、思い当たる部分がある?」などと現状を確認し、内面を引き出しやすくなるようなことを伝える。
 
 先ほどと同様に、そもそもソードの9はそんなことを意味していない。実際に話してみるとこれ以上に意味の曖昧な文言になったりするけれど、こうした言葉から相手が「実はこういうことがあって……」と様々な内面を語りやすくなるような状況をつくりだし、それをありのままに傾聴することの方が重要であると考えている。そして、それらの状況について実際に手触りにいたるまで想像してみて、味わうことが大切だと思う。価値判断も共感も必要ない、語られたその状況や苦しさについてありのままに想像し、そこにとどまり、味わってみる。そうしたことが重要なのではないかと思う。
 
「彼氏がひとりで遊びに行ったりしているのが苦しい」と言われたのなら「そう、そういうところが苦しいんだね」と追認し、ただただその感情を肯定する。そうして内面を引き出すことができたら、後づけでも構わないので「なるほど、このソードの9はあなたが彼氏がどうしてあなたのことをわかってくれないのか、そうした気持ちの現れでもあったのかもしれないね、違うかな?」などつけくわえ、外れていないことを伝えながら、感情を明瞭化しておくとよいと思う。
 
 それまでに聴いていた情報を組みあわせたりして「そうなんだね、あなたは彼氏が相手をしてくれないのが苦しい、彼氏がいろんなグループと関わり合ったりしてきみの知らない世界を持っていて、いつかきみのもとから離れていってしまうんじゃないか、ずっとそういう気持ちが離れなくて、外を歩いているとき、仕事をしているとき、家にいるとき、そういうことをずっと考えてしまう、そうなんだよね?」などというように要約して、その感情を肯定してみる。
 
 こうした文章は相手からの聴きとりや、一般的な振る舞いをつけくわえたりするだけであっさり作ることができる。話し言葉なので精度が低くても問題はない。それを肯定してもらえるようであれば、 相手は「当たってる」とか「私のことをわかってくれている」とか思ってくれている可能性もある。
 
◇過去
 個人的にはここが最重要のポイントだと思っている。相手の過去の心的外傷に関わる部分だからだ。ここで相手の過去の外傷にアクセスできればほとんどその占いは成功すると言っても過言ではないと思う。
 
  この心的外傷のアクセスには、リーディングしているじぶん自身がより多くの心的外傷を体験したり、それについての知識を持っていることが重要ではないかと思う。 つまり「じぶんが同じような状況に陥ったとき、じぶんはこう考えていて、こうしたことをしていて、こうしたものを求めていた」ということをじぶんの過去の経験のデータベース、あるいは他者との接触において得たもの、さまざまな文献から学んだことなどから探り出すことで、それをあてはめてみる。
 
 ここでは質問を小出しにしていくといいと思う。例示が難しいけれど、
「過去の部分に大アルカナのムーンが逆位置で出ているね。この図柄が見える? この図柄は上に狼と蠍がいるよね、そして下に月があるよね、きみのたいせつなにか、たとえば心かもしれないし、身体かもしれないし、わからないけれどきみのたいせつなものを脅かしているように見えるんだけど、これに心当たりがある?」などと質問を小さく出すことで、なるべく外れるリスクを回避しながら進めていくといいと思う。
「これは自信のなさの表れかもしれないし、あるいはもっと具体的にーー(小さな声で)いじめられていたことがあったとか、そういうことではない?」などと聴いていくようにする。
 
  あとはその過去の心的外傷について探るための問答の繰り返しになると思う。とりわけ具体的な部分が当たると相手が「むかしいじめられていたことがあって……」と過去を告白してくれることもある。その場合はしっかりと相手を尊重して「そうなんだ、そのときのことを話してくれるかな?」とその話をしてくれるように許可を求めるようにする。もし話してくれるようであれば、ひたすらそのことについての話を聴いてみる。その話について実際に想像し、味わってみる。これは通していえることだけれど、僕にもそういうことがあったからよくわかるよ、とか、それについてはこうしたらいいんじゃないかな、などという見当違いの共感やくだらないアドバイスはしない方がよいと思う。場合によっては相手との関係性が途切れてしまう。ただ静かに耳を傾けることで、相手の内面に触れていくことが僕は重要だと思う。
 
◇未来
ここは単純にポジティブなリーディングをするといいと思う。
「このタロットによれば素敵な人が現れると出ているよ。この素敵な人が彼氏かもしれないし、あるいはもう現れている別のひとかもしれない、このカップの10は素晴らしいカードで、未来にこのカードが出てくるということはめったにない、これは人生できみが幸せになれることを意味してる、いますぐではないけど、きっといつかうまくいく日がくるかもしれないね」などというといいと思う。シリアスな空気を醸成できていれば少々わざとらしい文章でも構わないので、相手の感情を肯定することで気持ちよく終わることを意識しつつ、押しつけがましいアドバイスにならないことが大切だと思う。
 
 未来というと必然的に予言的性格を帯びてしまうけれど、未来を予言するようなことをわざわざ予測していう必要はないと思う。あくまで未来のことなので、その予言が当たるか当たらないかは遥かに先のことだし、未来なんてよくなるか悪くなるかのどちらかでしかない。わざわざ「あなたの人生はこの先ひどい苦難に襲われます」などという結論を聴きたいひとはいない。なので、とりあえず当たりさわりのないポジティブなリーディングをしておくとよいと思う。
 
 意図的にネガティブなリーディングを行い、曖昧なアドバイスをして結論を与えず、じぶん自身で考えるように促すことで、相手を依存するように導くこともできるけれど、これについては技術がないので言及しない。技術さえあればそうしたことが可能なので、占いは「弱いひとにつけこむ詐術」だと思われるのだろう。そして、それはいくらかは事実であるように思う。