またサロンマジックをしてきた。

 またサロンマジックをしてきた。2部構成、10人-15人くらいの規模で、照明も薄暗くてなかなか雰囲気があってよかった。思ったよりも緊張していて1部でのショーはほとんど失敗に近いものになってしまった。スワミギミックを書き損じたり、ブレインウェーブデックのつもりがレギュラーデックを用意してしまったり(しかも「予言します」と明言してしまっていた。しれっとトライアンフしてなんとか現象が成立したから良かったけど)とかなり散々だった。超ケアレスミスの反省点。慣れが出てくるとこういうことやってしまうんだよねえ。

 当初メタルベンディングはやらないつもりで(あまりにも簡単にウケすぎるので。他の演技の練習をしたい)、スワミギミックとセンターテアを練習しようと息巻いていたのだが、完全に萎縮してしまって止むなくスプーンを取り出すことに。結局ブレインウェーブデック、メタルベンディング、トスアウトデック、リビング&デッドテスト*1を演じた。

 2部はかなり反応がよく、どれも不思議がってくれていたようでよかった。というか逆にこんだけガチの鉄板ネタで反応がなかったら僕はもうメンタル向いていないだろう。

 とりわけコネクテドはとてもよかった。お孫さんの名前を当てたのだが、生まれてすぐの子だったようで「とても大切な繋がりを感じますね」という演出は嬉しかったのかもしれない。すごくニコニコしてお礼の言葉を頂いた。

 やっぱりメンタルってクロースアップからこれくらいの規模がいちばんやりやすいなあと思う。あと10人増えたらもうポーカーサイズのカードとか、小さなメモ帳とかスプーンは視認するのが難しくなるし。

 反省点もかなり多いが、よい部分もあったのでまあまあかな。

*1:もちろん、ルーク・ジャーメイの『エクステンデッド・トスアウトデック』と『コネクテド』。無論あのレベルの演技にはほど遠いが。