ウィル・ツァイの例の動画

 以前SansMindsの『Change』というパケット・トリックを買ったらWill Tsaiの作品だったみたいだけど、なんかもっと老けてたよ。前髪があるとなんか若く見えるもんだねえ。あと『シリアル・コネクション』も以前買ったことがある。こっちはまあ、あんまり好きではなかったけれど。

 昨今のマジックでは主流になりつつある感さえある瞬間的なビジュアル重視のトリック(一瞬でカード・コインなどが変化するとか。SansMinds的がよくリリースしているタイプのトリック)は、全て行き着く先はカメラ・トリックであるように僕には思える。観客には見える現象が全てであって、方法論はなんでもいいという多くのマジシャンの基本的な立場を突きつめれば、たしかにカメラ・トリックだろうが関係ないのかもしれない。この反応を見ていると。